2011年11月28日 (月)

高松のバー

宇和島から、ナンダカンダで遅くなり
香川県は高松へ移動し終えたのは夜の10時過ぎ…

それから高松の街へ繰り出し…


とりあえずはM枝氏の知人紹介のバーへ行き腹ごしらえ

それから紹介してもらった、モルトバーへ移動


照明はかなり落とされていて、静かでシックな空間

Img_14131

暗いので、多少ブレがあるのは許してね♪

お店に入ってすぐに目に入ったのは樽

Img_14111

おおおお。ボウモアの樽じゃん~!!

ちょっと感動したので「写真撮ってもいいですか?」
とお願いすると、快くOK♪


ここからバシバシ撮りましたともー!

Img_14121

入口付近にはポートエレンの樽!!

一眼レフで、これだけ暗い店内の撮影が難しいのを実感
そもそも、三脚なしで戦おうというのが無謀というもの…

それでは、必死で撮影したボトルの数々をご覧くださいww

Img_14081_r Img_14091_r

Img_14231_r Img_14251_r

Img_14301_r Img_14351_r

Img_14361_r


えっと、私一人でこれだけ飲んだんじゃないですよ

あまり楽しすぎて深夜3時頃まで居座ってしまった私たち
長居してごめんなさい


Img_14342_r_2

2011年11月25日 (金)

宇和島

二日目の朝

熱を出したI松氏は、結局解熱せず…
残念ながら、福岡へ戻ることに…


ということで、私はマスターの古酒捜索に参加することに


レンタカーでいざ宇和島へ
I松氏「宇和島に美味しいじゃこ天があるから送ってほしい」と

私のミッションも出来たことですしね

高速道路を走らせ、酒屋をめぐりつつ
I松氏の言っていたじゃこ天の販売所に到着

Img_13841

ところが、人がいない…この場所で間違いないはずなのだが…

猫はいるのだが…

Img_12931

というわけで、通りすがりのおじさんに聞いてみた
「朝三時に開いて、八時にはもう閉まっちゃうよ」

…なんだとー!!

がっくり。
猫もそっぽ向いて去っていく…

Img_13831

結局、何件か酒屋をめぐり
酒屋のおばさまに美味しいじゃこ天売ってる所はないか聞いてみた

近くに道の駅があるらしい

とりあえず行ってみることに



Img_13851

揚げたてじゃこ天とじゃこカツを食べ…

さらに、愛媛と言えば飲んでおかねばならないこちら

Img_13871

愛媛といえばみかん♪

じゃこ天2枚とジュースで満腹に…


Img_13971

帰り際に、海を望む山にみかん
この日、私は後部座席で殆ど何もせず
車内にも関わらず、船をこぎまくってすごしたのだった…

2011年11月23日 (水)

KAMADO DINING えん家

さて、四国旅行レポートがまだ終わっておりませんでしたw

ということで、松山の夜
街へ繰り出そうと集合すると
常連様の一人がマスクをして横たわっている


そう、私と道後温泉に行った方

予感は的中。39℃の発熱…!


完全なる湯ざめ&風邪…?





というわけで、I松氏をホテルに残し街へ繰り出す

夕ご飯のリサーチ、ある程度してたけど
この日は日曜ということもあり、定休日のお店が多く
お目当てのお店も定休日…


で、ガイドブックで目にとまったのが
「KAMADO DINING えん家」さん


元料亭を改装したお店はシックで
事前に電話していたからか、個室に通されました

とりあえずは「じゃこ天」

Img_13591

シラスをまとい、外はカラっと中はふわり
大根おろしといっしょに食すとまたおいし♪


Img_13621

ビール片手に食べる食べる!

個室の窓の向こうは日本庭園風のライトアップされた庭があったりして
店員さんの感じもよく…そのせいかお客さんも多かったような



愛媛に来たからには食べとかないと
「鯛めし」


Img_13661

 

普通の鯛飯は炊き込みタイプらしいんだけど
このお店は「宇和島の鯛めし」ということで…


Img_13681

鯛のお皿に鯛のお刺身…、よーく考えるとシュール?

これを、こんな風にダシと卵の入った器に入れる

Img_13691

店員さんが食べ方を丁寧に教えてくれるので
初めての人でも安心♪




Img_13701

はい、これで全部入りました
このまま食べたい衝動を抑えつつご飯の器にもりつけ



Img_13711

まったくもう、撮り慣れてないから変な写真(;・∀・)



Img_13731

↑出来上がり♪

ダシは全部入れるとヒタヒタになっちゃうので
お好みで調節してくださいと店員さん


お腹いっぱいになったところで
バー、2件めぐったのでしたww


■KAMADO DINING えん家■
住所:〒790-0002 愛媛県松山市二番町1-11-8
電話:
089-931-0007
営業時間:17:0001:00(L.O.24:30)

2011年11月 7日 (月)

松山城

ベタな観光をもう一つ♪それは松山城

なのですが、移動が結構大変で
道後温泉を出発して、伊予鉄道(路面電車)の
道後温泉駅から大街道駅まで揺られ

そこから歩いてロープウェイ乗り場まで移動


もし、車で行かないのなら
伊予鉄道でお得な1DAYチケットが売ってあるのよー
伊予鉄道は一回乗ったら150円なので、何回も乗ると小銭も必要だし
市内ループバスも乗り放題なのだ

Img_1679


チケットは伊予鉄道電停などで販売されてて
買ったら日付を削って
降りる時に車掌さんに見せるだけ


あ、伊予鉄道は降りる時に清算ね


何だか説明が長くなってしまったけど
ロープウェイ乗り場でチケットを購入
松山城入場券とセットの販売もありました


あ、値段忘れたww


というわけでロープウェイで移動
リフトもあったけど、雨のため動いてなかった
(しかし、昭和40年代のリフト…歴史を感じる)



ロープウェイを降りてもしばらく歩きます
雨でぬかるんだ地面、濡れた石階段
余計に体力を奪っていきました

そして到着したものの、雨のせいでまともに撮影出来ず…

Img_13472

ここからまた天守閣までひたすら歩く
…正直きつかった…

 

というわけで、降りてきてご褒美♪
愛媛みかん(?)ソフトクリーム
肌寒い雨の中、ソフトクリームを食べる私
そしてまた、食べかけを写す私

イタリア旅行から全然成長してないわ~WW

 

 

Img_13492


天守閣から見た瓦と少し紅葉↓

 

Img_13422


雨でカメラが濡れるので、ここではあまり撮影しなかったのでした





この後、皆でホテルに戻るのですが
ハプニング発生…
それはまた次回で…

2011年11月 6日 (日)

道後温泉

せっかく松山に来たのだったら、ベタな観光を♪
と張り切ってむかったのは、道後温泉


ホテルなどの宿泊施設が点在する中、現れたのは

こちらの建物~♪

Img_13222

右にある受付でチケットを購入
神の湯階下¥400-
神の湯二階席¥800-
霊の湯二階席¥1.200-
霊の湯三階席個室¥1.500-

と、四つのコースから選べます

私たちは神の湯二階席を選択

傘と靴を鍵付きロッカーに預け
改札口でチケットを渡し、二階へ向かいます

こんな感じの場所

Img_13262

ここに入るとまず、席に案内されて説明を受けます

浴衣は貸してくれますが、タオルは
貸しタオル(みかん石鹸付)¥60-
貸しタオルのみ  ¥30-
貸しバスタオル  ¥200-

となってて、その場でお金を払います

浴室に案内してくれますが、さすがに写真には撮れず
↑当たり前か…

浴室も脱衣所もレトロなつくり
ちなみに、体を湯で流すだけで入るのはダメだそうで
「石鹸でしっかり洗ってから入ってください」
と注意書きがありました

…タオルがもう一ついることに入ってから気付いたわけで…
しかたなく、石鹸泡立てて手で洗いましたともww


浴衣に着替えて、先ほどの部屋にもどると
お茶とお菓子が

あ、写真撮るの忘れてましたww

Img_13372

窓が開け放しになっているこの広間
雨だったこの日、涼しい風が入ってきて
熱めの湯加減で火照った体に心地よい

…このせいか、一緒に行った方が大変なことに…

Img_13302

明治27年建造のこの建物、写し所満載
ついパシャパシャ撮りすぎて、怒られてしまった
ごめんなさい


Img_13292

お土産もあったりして
そして魅力的な瓶牛乳~ヾ(*´∀`*)ノ゛
浴衣も売ってありましたよ

Img_13242

お抹茶も点ててくれるらしい

しばらくボーっとして過ごした、風情ある広間でのひとときでした
立ち寄りの場合、女性は化粧が落とせないという難題が

思いっきり顔をばしゃばしゃしたかった~

■道後温泉■

住所:愛媛県松山市道後湯の町5-6
電話:089-921-5141
営業時間:6時~22時(札止めはコースによってことなる)
定休:無し(12月のみ1日臨時休業あり)

Img_13152

2011年11月 4日 (金)

アサヒ

松山駅を降りてすぐのターミナルホテル松山へチェックイン

今回の旅行はお酒探しもする予定なので
レンタカーを借りて

まずは、お腹を満たします


商店街から少し離れた場所

R0015261

店内は奥に小上がりがあって、入口付近はテーブルが4~5あるのみ

席についてまず目に入ったのは四人席のテーブル
四か所塗装が剥がれてる

運ばれてきたものを見て納得な理由だったのだけど。。。

二人は鍋焼きうどんを注文、三人は卵入りを
そのうち二人はお稲荷さんを注文


しばらくして運ばれてきたのはアルミ製の鍋
しかも直置き!そりゃ、塗装もハゲるわ!

R0015258

れんげもアルミ製なんだ

ここでお店の方から「先にお支払いいただきます」と言われ…
…なるほど、キャッシュオンなのね…


R0015260

まずはスープをすすると…あま!うどんと思えないくらい甘い!
私は好みの味でしたが…

凄く優しい味で、二日酔いの時に食べてほっこりしたらいいやろうな~
なんて妄想を…



量としては、男性には少ないかも…


お店の人たちも感じが良くて、「にしきうどん」みたいな雰囲気
松山に行ったらぜひ行ってみてください


次に行く時はすぐ近くの「ことり」にも行って食べ比べてみたいな♪



■ アサヒ ■

住所;愛媛県松山市湊町3-10-11
電話;089-921-6470
営業時間:10:00~18:00(売りきれ次第閉店)
定休日:水曜

2011年11月 2日 (水)

ただいま♪

三連休を頂いて、行ってきました四国

新幹線のぞみで小倉から岡山まで
岡山から乗り換えてしおかぜで四国入り

かなりの長旅でした

朝六時頃に戸畑駅に到着して
松山駅に到着したのは11時頃

Img_12892


新幹線内で駅弁を食べたとはいえ、松山到着時は腹ペコりん

というわけで、最初に行ったのは鍋焼きうどんのお店
うどんといえば香川県って感じがするんだけど

愛媛県は鍋焼きうどんが有名らしいのだ♪


というわけで次回は鍋焼きうどんのお店をご紹介


三日間の連休、ありがとうございました。

フォトアルバム

Flikr

  • Flickr
    www.flickr.com
    rugalcafe's items Go to rugalcafe's photostream

che ora ?

  • Italia

    会社設立 大阪市
Powered by Six Apart

本棚

  • 本棚

スノー・ドーム

  • Alice

ハム

ブログパーツ