2012年7月19日 (木)

アメリカンチェリーのタルト

せっかく作ったチェリーのシロップ煮
ケーキにも使わないともったいない

というわけでタルトになりました

1回目はチェリーがやや少なめだったのと
ちょっと乾燥させすぎたのかしっとり感が少なくて

今回リベンジ

Img_4560

クレームダマンドに入れるリキュールを少し増やしたのと
チェリーの量、あと、漬かってたシロップも少し入れて

いつもの焼き時間よりやや少なめに調節

お陰でしっとりとした生地に仕上がって
アプリコットジャムで艶出しもしたし

1日経つ毎にきっと一体感が増すに違いないw



1度お酒を一切入れずにコーディアルを使った
クレームダマンドを焼いたことがあったけど

ふんわりシットリ感が殆どない、残念な仕上がりに!

理由はわからないけど、アルコールには
生地をしっとりふんわりさせる力があるに違いない


次は何をタルトにしようかと
そんな妄想をしながら、商店街をうろつくのが日課

今はソルダムとかモモとかが旬

Img_4549

先日当店の小人Iさんがそっと置いて行ってくれた桃

ジューシーで、芳醇で…
皮をむく前から漂ってくるいい香り!

香りもお届けできないのが残念…!

この桃、毎年恒例のベリーニになります
ただし、バータイムだけのご提供です

桃のピュレとプロセッコ
これを飲まないと夏が来た気がしないというお客様

桃が無くなる前にぜひ!

2012年7月 6日 (金)

プラムのタルト

最近よく見かけるのはすもも

実は色んな種類がある
りんごやオレンジのように交配されたものもあって

この仕事をしてなかったら
そんな事にすら気付かなかった

さ、そんなプラムをタルトにしましたよ

Img_4483

洋酒はね、今回プラムのリキュール二種と
手作りのバニラエキストラクトを入れて

種を抜いたプラムを
レディグレイの入ったクレームダマンドの上に並べ
溶かしバターを塗ってカソナードをフリフリ


Img_4486

焼きあがりです
やっぱり「すもも」というくらいだから
焼くと更に酸味が増すなぁ…

すっぱいのが好きな人にはたまらないかも

Img_4493

うーん、この酸味は好き好きあるだろうなあ
アングレースソースが欲しいところ…

…あ。アイスクリームがあるじゃん!
ということで、アイスクリームを添えてます

どっしりした紅茶とよく合いますよ~

2012年6月 5日 (火)

オレンジのタルト

あれだけ出回ってたイチゴを見かけなくなり
今度は何のタルトを作ろうかと

目にとまったのはオレンジ!

購入したのはミネオラオレンジっていう
グレープフルーツとタンジェリンの交配種で
糖度も高く、香りも強いので使いやすそう

だったのですが、その日の夕方野菜屋さんから
他品種のオレンジを沢山頂いて…

まとめてシロップ煮にして瓶詰め!


Img_4255

いつものようにクレームダマンドに乗せて
焼いたのはいいんだけど…!

オレンジの皮の部分が焦げて硬い!
ごーりごり!そして苦い!

…これは人様には食べさせられない

というわけで改良版を

Img_4276

 

面倒だけど、シロップ煮のオレンジを
ピールと果肉に分けて

ピールはクレームダマンドの中に入れて
果肉は上に並べて焼いてみました



Img_4289

爽やかなタルトになった
本当によかった~また失敗したらどうしようかと…

コアントローだけではベタなので
もう一種類リキュールを隠し味に♪

大量のオレンジのシロップ煮は
ピールごと刻んでサラダにも入れてますヨ
見た目にも鮮やかで爽やか


しばらく活躍しそうです

2012年5月15日 (火)

いちごと生姜の焼きタルト

ここ最近は、イチゴがお手頃
なのでいつもデザートがイチゴのタルト

だけど、いつも同じじゃつまんない

なのでこんなのどうでしょう?




Img_4021

見た目は今までのイチゴのタルトと変わりませんね?


実はイチゴの下には
生姜のシロップ漬けがしのばせてあるのだ

Img_4038_2

↑これなんだけど
以前、東京の某イタリア食材店で
お客さんが買ってきてくれたもの

そのまま食べても美味しい



Img_4030


焼いたイチゴと一緒になると
爽やかになる不思議


…リンゴのタルトに入れても美味しいよね…



2012年4月 2日 (月)

金柑のタルト

前回の記事で作ってる金柑のコンポート
これを使ったタルトはまだまだ先と思ってたんだけど


冷蔵庫で雪崩が発生したために
イチゴのタルトがぽろり!


…というわけで、急遽金柑のタルトを作る事に…




Img_3466

今回はクレームダマンドに紅茶は入れず
洋酒で香り付け


爽やかで、しっとりしてて
サブレのサクサクした食感と
金柑を噛んだときのジューシーさ


一度コンポートにしてからタルトにすると
色んなものが入ってるから
より複雑な味になって、楽しさ倍増♪


先週はとても賑やかなRugalでした
ご近所の焼き鳥屋さんに、テイクアウトの器を返す途中
お土産持って当店に寄ってくれたI田さん

ちゃんぽんの器が似合いすぎて
でもバーでちゃんぽんの器というミスマッチww
激写しようとしたら顔隠されました

Img_3467

そしてちょこっとRugalのお手伝いしてたO藤君
とうとう明後日の朝イタリアに旅立つので

名残惜しいと激写しようとしたら

O藤くんにまで顔隠されました

Img_3468

短い間にも関わらず、濃いキャラクターで
Rugalの常連様たち(特に男性?)を虜にした男ですww

ひとまわりと言わず、ふたまわりくらいおっきくなって
帰ってくることを期待して…

2012年3月 6日 (火)

ぶどうのタルト 

昨日お知らせしたとおり
トンプソンっていうぶどうをタルトに


いつものように
サブレを土台に、クレームダマンドを敷き詰めて
隠し味のラムの代わりに
エルダーフラワーをしのばせて


Img_3161

こうやってクレームダマンドの上に並べていくんだけど
あまり埋没させちゃうと
焼きあがりで生地が膨らむから
ぶどうが全く見えなくなっちゃう

並べたら、ぶどうの上めがけてカソナードをふる
こうすると焼いた事によって増す酸味が抑えられる
…はず…



Img_3169

焼いた後はこんな感じに

適度な酸味と甘さ
ぶどうのお陰でクレームダマンドもしっとり

焼いてしばらくすると
クレームダマンドにかかったカソナードが
きらきら光る
これを見るとにんまり

お客様に披露する時にはナパージュ塗っちゃうから
これも、作り手の特権だね


Img_3173_2

ケーキの横についてるのは
ヨーグルトクリーム

ちょっと付けてたべると
また美味しいんだ、これが


生クリームとヨーグルトを一緒にかき混ぜるだけ
簡単でおいしいクリームの出来上がり


甘さはお好みで調節




初めて作ったタルトだから
これから改良して
もっともっと美味しく

2012年2月13日 (月)

いちご…

久しぶりに自分のブログを見てみる…

前回更新は2月1日…

うわああああ(llllll゚Д゚)


ごめんなさい~!!



というわけで、久しぶりの更新となります

毎年常連のI松氏からいただくイチゴ
今年もやってきました

Img_2875

箱を開けた瞬間 あまい香り
すぐにこれを口にした自分を想像して…


そのまま食べるのが一番おいしいので
ケーキを注文の方に一個添えてますが

先日家族の誕生日が二月に集中してるDさんから
いちごのタルトのリクエスト


Img_2463_2

アーモンドクリームの上にイチゴを並べて
オーブンでじっくり焼くだけ


Img_2469_3

焼き立ての状態なんだけど
イチゴの上にバターを塗ってカソナードを降って焼いてるから
ジャムのようになって、ジュースがあふれてるの分かるかな?


焼き立ての香りはたまりません
これは作り手の特権だよね

2011年12月15日 (木)

洋なしのタルト ~2011~

本格的に寒くなってきました

そりゃ、12月だもの

街はイルミネーションだったりクリスマスBGMに溢れて
当店はあえてクリスマス色なし♪


長野に旅立ってしまった常連のH澤さん
前回は美味しい「シナノドルチェ」という林檎を送ってくれて

今回は洋なし!


Img_2236

「ル・レクチエ」という品種
生で食べてみてビックリ!


芳醇で歯ごたえは適度、甘くて酸味はほとんどない



生で食べて十分美味しいこの洋なしを贅沢にもタルトに!

Img_2284

あ。これは焼く前ね


いつものように、空焼きしたサブレに
ラフランスのオー・ド・ヴィーで香り付けしたクレーム・ダマンド
その上にスライスした洋なしを並べ
溶かしバターを刷毛でぬり、カソナードをふる



オーブンにIN♪

Img_2197_2

こんな感じになりました


甘い洋なしにカソナードをかけたので
甘ったるくなると思うでしょ?


ところが、何とも優しい甘さ


Img_2227

とてもシンプルだけど爽やか



季節の果物を楽しみましょ♪



この洋なし、追熟までは時間がかかるけど
一旦追熟すると、一気に加速するそうで
冷蔵庫に入れるとそのスピードも減速するけど、限界が…



というわけで、まとめてコンポートに!
その話はまた今度…

2011年12月 8日 (木)

いちごの焼きタルト

昔はこのクリスマスシーズン、イチゴは高かった気がする

最近はなんだかお安い…


というわけでお手頃に購入してきたイチゴたち

R0015286

このいちご、タルトにしたくて

いちごのタルトって
タルト台&カスタード&フレッシュいちごの組み合わせが多い


でもそれって、どこにでもあるし
それって、パティシエさんのお仕事だよね


私はケーキ屋さんにはないものを作ろう



ということで、焼きっぱなしのタルトを作ることに

Img_2131

焼きたてのこのタルト、香りがとても良くて
クレームダマンドに入れた紅茶と、イチゴの甘酸っぱい香り


記憶にある香り…
昔親戚のビニールハウスに
ハンパなサイズのイチゴ狩りに行って採ってきたので作った
コトコトコトコト煮てつくる手作りジャム作成中の香り



このタルトを食べたときに感じる懐かしい感じは
これなんだろうな

2011年11月30日 (水)

アールグレイとぶどうのタルト

何か新しいタルトが作りたくて商店街をうろうろ

目にとまったのは美味しそうなぶどう
ぶどうといっても、皮ごと食べられるという「レッドグローブ」


Img_19281

ぶどうって、焼いたらどんな味になるんだろう?

レッドグローブには種があるので
半分に切って、種を取り出して斜めに並べて

Img_19351



今回のクレーム・ダマンドにはクラシック・アールグレイを使用
焼いたブドウはきっと味が弱いと思ったから

ぼやけた味のタルトはぱっとしないもの

というわけで、香り豊かな紅茶を選んだというわけ♪
上に溶かしバターを塗って、カソナードをふりオーブンへ…



Img_1965

やはり、思った通りぶどうの味は弱めで
食べた時にワインのような凝縮した味がほのかにする


頬張った瞬間に香るのはアールグレイの香り




サブレ生地と紅茶の香りがよく合うので
大満足なタルトになりました




ナパージュとピスタチオでお化粧は必須

焼きっぱなしのタルトは見た目が地味だもの



Img_1969

紅茶の豊かな香りとアーモンドの香ばしさ
それとジューシーなブドウ♪

秋から春にかけて、タルト作りはまだまだ楽しめそうです

フォトアルバム

Flikr

  • Flickr
    www.flickr.com
    rugalcafe's items Go to rugalcafe's photostream

che ora ?

  • Italia

    会社設立 大阪市
Powered by Six Apart

本棚

  • 本棚

スノー・ドーム

  • Alice

ハム

ブログパーツ