« 栗のタルト | メイン | Aunty »

2010年10月18日 (月)

映画「ジュリー&ジュリア」

ようやく風が涼しくなって
長袖の人たちを見かけるようになりました


夜はちょっと肌寒くて、ストールやブランケットが欠かせない
虫の声や羊雲に
庭先の落ち葉を掃除するおじさまに
段々と早くなっていく日没に
秋を感じます


最近は観ようとして溜まっていったDVDを消化しようと奮闘中

先日観たのは「ジュリー&ジュリア」

Photo_5

(実はリメイク前の「十三人の刺客」も観たけど濃いのでブログアップはまだ)
内容は主演のメリル・ストリープが
ゴールデングローブ賞を受賞したくらいだから有名よね
(だから省いちゃう)

料理やお菓子作り、食べることが大好きな人なら
共感できる要素が沢山


バターに恋する感じってよくわかる!
料理中の味見という名のつまみ食いはたまらないし

Photo_3


でもうまくいかない時は
人のせいにしちゃったり、周りに当たったり、ふてくされたり
狭いキッチンのせいにしたり
後になって反省しての繰り返し←あ、これは私のことね


でもジュリアはそんなことはしないんだよね
すごい


メリル・ストリープのちょっと濃い演技は苦手だけど
ジュリー役のエイミー・アダムスのおかげで
最後まで観ることができました


Photo_4




ただ、この映画はあくまでもジュリア・チャイルドをたたえる映画
確かに365日で534のレシピを作り
ブログに綴るというジュリーがした作業は大変かもしれない

でもジュリアのしてきた苦労に比べたら!
ジュリアがジュリーに会わなかったのも納得できます

このことを踏まえて観れば
最後に感じる違和感を消化できるはず

・・・だったらジュリアの伝記映画でいいじゃん・・・なんて事は言いっこなし


全体の感想としては
ノーラ・エフロン監督らしい高揚感を得ることができる映画だと思います

料理の出てくる映画としては「レミーのおいしいレストラン」もオススメです

070323_remy_main

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/456031/25251483

映画「ジュリー&ジュリア」を参照しているブログ:

コメント

あまりにも感じたことが同じすぎて思わずコメントを(^^ゞ

私。。見ながらジュリアのこと「完全に私じゃん」って思っていたんですが、やっぱりお料理に携わる人全てが感じることなのかもしれませんねー(*^_^*)

ラストも全く同じ想いです☆

そしてレミー。。。超大好きで、何度見たことか。。笑 可愛いし、楽しいし、本気で感動した私。

また観たくなってきちゃいました(^^ゞ

hitomi様
コメントありがとうございます。先程二泊三日の神戸旅行から帰ってきたところで、返事が遅くなりました。
お菓子や料理を作るワクワク感、たまらないですよね。
共感いただいて、嬉しい゚+。(*′∇`)。+゚
私、レミーのDVD持っていてレミーにいつでも会えるんです。もちろん見直しましたよ。

コメントを投稿

フォトアルバム

Flikr

  • Flickr
    www.flickr.com
    rugalcafe's items Go to rugalcafe's photostream

che ora ?

  • Italia

    会社設立 大阪市
Powered by Six Apart

本棚

  • 本棚

スノー・ドーム

  • Alice

ハム

ブログパーツ