« 京都 「K6」 | メイン | 京都 「小川 珈琲」 »

2009年12月27日 (日)

「瓢亭 別館」 朝粥

 一夜明けまして。

訪れましたのは、

朝粥で有名な「瓢亭」さん。

 

今回お邪魔したのは、別館。

本館はすべて独立した茶室になっており、
会席料理などを楽しむことができます。

Rimg0704s

私、まだまだ若造ですので

大人(?)になったらぜひ

本館を訪ねたいと願っています。

 別館では、 気軽に

松花堂弁当や朝粥を

頂くことができます。

事前に予約をいれておきました。 

朝日のまぶしい中、

中庭の紅葉の美しい事!! 

Rimg0705s

贅沢な朝食です。

まず、最初に梅昆布茶。

Rimg0709s

そもそも、この朝粥。

昔、祇園界隈で夜遊びした

旦那衆が芸者さんと一緒に

朝帰り途中立ち寄って、

寝ている主人を起こして

「何か作って」

といわれ粥を作ったのが

始まりだとか。

次にきたのは、

こんな瓢箪型の器。

Rimg0714s

この器

な にやら文字が書いてあって

きっと何か意味があるのだろう

と 思って調べてみました。

 「一帯青松路不迷」 

と書いてあり、

頼山陽が詠んだ名歌の一節

なのだそうです。

「南禅寺参道の松林の

一本道を行けば路に迷うことがない」

という意味なんだって。

上段には和え物。

中段は白身魚のくずあんかけ。

下段は精進の炊き合わせ。

Rimg0715s_2

どれも優しい味でした。

 

名物の瓢亭卵も絶品。

Rimg0713s

 しかし、ここまで食べると満腹感が・・・。

 

次は吸い物椀。

Rimg0718s

うう。お腹一杯なのですが・・・

別バラです。。。

やっと出てまいりました。

メインの粥です。 

Rimg0719s

粥自体に味はついておらず、

手前の器に入っている

だしの葛あんをかけて食べます。

お腹一杯だったのに 結局、

全部たべちゃいました。

デザートにかぎらず、

美味しいものは別腹ってことかな。

Rimg0727s

 japanesetea■南禅寺畔 瓢亭japanesetea 

住所:京都市左京区南禅寺草川町35
TEL:075-771-4116

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/456031/22736871

「瓢亭 別館」 朝粥を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

フォトアルバム

Flikr

  • Flickr
    www.flickr.com
    rugalcafe's items Go to rugalcafe's photostream

che ora ?

  • Italia

    会社設立 大阪市
Powered by Six Apart

本棚

  • 本棚

スノー・ドーム

  • Alice

ハム

ブログパーツ