« 京都 伏見稲荷大社 | メイン | 「瓢亭 別館」 朝粥 »

2009年12月26日 (土)

京都 「K6」

 夜になってそれぞれバー巡りを。

Rimg0687s

食事をしたかったので、

鴨川沿いを歩いて向かったのは

ジビエ料理の「水源亭」さん。

Rimg0690s

しかし、

予約はしておらず満席・・・。

仕方なく木町へ移動。

 「木屋町サンボア」さんへ。

老舗のバーで若造としては

入りづらいのですが・・・。

残念ながら、

この日臨時休業でありました。。。。

おおお、せっかく来たのに。

 とぼとぼ歩いて

すぐ近くのバー「飛鳥」さんへ。

こちらは電話を入れて行くことに。

なにせ四人でしたから。

 

 店内に入ると

初老の男性バーテンダーが一人。

店内にはお客はおらず、私達だけ。

少し重たいものが飲みたくて、

「ラスティーネイル」

を注文したのですが。

マスターは渋い顔をして本を開き、

「うーん。出来ませんね~。」

ならばと、

アマレットがあるのを見たので

「ゴッドファーザー」

を注文。

これも同じく

「出来ません。」と言う。

これは・・・。

いちげん様はお断りなのか?

それとも女のくせに

こんなものたのみやがって

というものなのか?

それとも

若造のくせにいきなり失礼な。

というものなのか?

・・・どちらにしてもここは、

私が飲めそうなのは

バーボンかモルトくらいしかなさそうだ。

私と連れの男性は

モルトを注文。

もう一人の女性は

フルーツのカクテルを注文。

 

フルーツなのに、

なぜか取り出したのは

「カンパリ」。

 

フルーツと注文されて。

いや、

確かにビターオレンジなのですが。

どちらかといえば苦味酒ですよ。

フルーツ好きでも

苦味酒なので好き嫌いがありますよ。

聞いたほうがよいのでは・・・。

それとも迷惑ないちげん様なので

早く追っ払いたいのか?

 

結局、作ったのは

スプモーニっぽいものでした。

っぽいというのは、

トニックではなく

ソーダを使っていたから。

 

味はその女性しか知りません。

 

なんとなく、

歓迎されてない雰囲気で

いづらくて一杯で店を出ました。

同じ飲食業としては、

いちげん様でも

こんな扱いはしたくないです。 

店を出て、次に入ったのは

「木屋町SENT JAMES CLUB」

さん。

写真はありませんが

鴨川沿いで

キャンドルの灯火のみの

バーでしたが・・・。

メニューが読めないほどの暗さ!!!

 

ありえない。。。。

 

一杯でお店をでました。

お腹がすいてしまったので、

別行動していたメンバーと

合流してバー「K6」さんへ移動。

こちらは特殊で

カウンターが3つ。

バーテンダーさんも何人かいて、

それぞれ担当が決まっているようでした。

Rimg0696s

Rimg0698s

Rimg0700s

フードメニューが充実していて、

接客もとても丁寧。

お酒の種類も豊富で、

あらゆる年齢層に対応していました。

高級感と

カジュアル感の共存

といったところでしょうか。

これからのバー巡りの充実のために

他のお勧めバーを

紹介していただきました。

次回京都に来た際も

立ち寄りたいバーです。

 

 

barBar K6 bar
 住所:京都市中京区木屋町二条東入ル ヴァルズビル2F
 Tel.075-255-5009

 

bar京都 木屋町 バー 酒司 飛鳥 (シュシ・アスカ) bar
 住所:京都市中京区西木屋町通四条上ル紙屋町674-5   
 TEL:075-255-4725

 

 

 

barSENT JAMES CLUBbar
 住所:京都市下京区西石垣四条下る斉藤町140-19
                 (木屋町四条下がる・              四条河原町より徒歩5分               )
               電話:075-351-7571

 

 

 

 

restaurant水源亭restaurant
 
住所:京都府京都市東山区団栗通宮川筋入ル一筋目越エ六軒目東側             [地図]
 TEL:075-561-2800         

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/456031/22728555

京都 「K6」を参照しているブログ:

コメント

初めまして、酒司飛鳥さんの記事を見つけて、ちょっとのぞかせていただきました。記事を読みながら、ニッコリしてしまいました、何故なら、私もゴッドファーザー、作ってもらえなかった思い出があります。寡黙なバーテンダーで有名なマスターで、私はお酒弱いんですが、よく味わって飲みたがり、お店情報見ながら飲み歩き(たかが六年ぐらいの過去です)、いろんなお店で随分コテンパンにやられ、最後に飛鳥さんにたどり着きました。此方では、一服させていただいて、深く考えずに、いつも飲む好きな銘柄のお酒をサラッと飲んで、サッと次へ、またはそれで1日を締めるという感じが似合うお店です、私は、感覚が解りだしてからは、たまにカッコつけたくなったら?行くお店です
マスターは静かで怖い方ですが、開口一番1人しかいない時は、軽~く相手もしてもらえますよ 。又タイミングの良い時に再訪してみてください
端っこに私が座ってるかもしれません。
最近コメント投稿が、面白いです
顔が見えないせいか、気楽に自分の想いが書けるからです。又時々お邪魔させて下さい
もし、私のコメントで気に障る様な気持ちになられたら申し訳ありません。

飲み助ちゃん様
ご訪問、コメントありがとうございます。
私も京都旅行から帰っていろいろ調べたのですが、少し人数が多かったのかもしれません。

京都は一元様にはキビシイという先入観もあったのかも知れません。調べてみると悪いうわさなどもありませんでしたし。これだけ長く続く老舗ですから、私に何か悪い面があったのかもしれません。この記事も消そうかと思いましたが、旅の思い出でもありますし残すことにしました。

よく飛鳥さんへ行かれるのでしたら京都の方なのでしょうね。今年は神戸旅行なのですが、おススメのお店などありましたら教えてください。
またのご訪問お待ちしてます。

ともさん様江
こんにちは。やっと、やっと!暑さが落ちつきはじめホッとします。お元気ですか。コメントのお返事に、私が京都の人のように、書いて下さったので、又コメントしています。実は、違うんですょ。少しの年月は住んだことはありますが、その後の今は仕事で京都に定期的に行くぐらいで、随分縁が薄くなりました
バー巡りは、前回コメントしたような様子で京都の得意ないちげんさん風は、なかなか辛い気持ちにさせられました、冒険心だけでマナーしらずでした事や、私はバリンバリンの大阪の人なので、安くて美味しく愛想が良いの三拍子がなかったら承知せぇへんでぇ(笑)の感覚が普通ですから、京都風は、後から、こちらが悪かったのかなぁと思う事、何度も強く感じ随分悩みました。何年かして慣れた頃に京都を離れたので、逆に、早く京都風の楽しみ方が解ったのかなぁ・・でした。前回コメントに書きましたが、あっちこちでコテンパン・・(笑)大阪の人は、京都では熱すぎるのかなぁ、私がかなり極端に熱すぎるのでしょうか、全ては思い出です。
私は神戸へ、たまに行く事がありますが、まだ奥深く堪能していません、オススメを出来るわけないのですが、神戸元町、BarHEAVENさん
神戸市中央区栄町通二丁目十の三アミーゴスビル4階、(ご存知でしたら申し訳ありません)私は以前行って見ましたが、たまたまお休みで、縁がなかったので次回狙って!必ずや行ってみたいお店です、神戸は、大阪ほどラテン的ではないけれど何処かオシャレな所かなぁと、私は、感じますので神戸旅行、どうぞ楽しんで、元町へ寄られるようでしたら、ぜひ、行ってみてくださいね
大阪の人です言いたいだけが長くなりました。又楽しみに覗いています。

コメントを投稿

フォトアルバム

Flikr

  • Flickr
    www.flickr.com
    rugalcafe's items Go to rugalcafe's photostream

che ora ?

  • Italia

    会社設立 大阪市
Powered by Six Apart

本棚

  • 本棚

スノー・ドーム

  • Alice

ハム

ブログパーツ